貧血の原因について知る

貧血とはそもそも何なのか?というテーマから、話しを進めていきます。

まず、貧血とは血液内の血色素量が男性では13g/dl以下、女性で12g/dl以下の状態の事を指します。

血色素量というのはヘモグロビン濃度とも言われており、肺で酸素を受け取り体中に酸素を行き渡らせる役目を担う成分です。

上記で書いた数値に当て嵌まるのであれば、貧血の症状が現れる可能性があり、注意が必要なんです。
しかし、貧血になる原因というのは様々な原因によって引き起こされます。

1つは外傷により、体内の血液が体の外側に漏れて起きる貧血です。

当然ですが、例えば料理の最中に誤って指を切ってしまうと血が漏れ出します。

かすり傷程度ならば貧血にはなりませんが、大量の出血が伴った場合には話しは別ですよね。

2つ目は造血に必要な物質である鉄やビタミンB12が不足する事により陥る貧血です。

鉄やビタミンB12は食材からでも補う事は可能ですので、貧血気味の人は普段から取り入れる事が必要になります。

3つ目は溶血と言って赤血球が破壊される事により起きる貧血です。

その原因は先天的にそれ自体が原因になるモノや他の要素が折り重なって起きるもの、さらに後天的により同じくそれ自体による原因と他の要素が原因になるものがあるようです。

4つ目は『腎臓不全』によるものと、『白血病』や『再生不良性貧血』よる原因です。

腎臓不全はホルモンの異常により血液産出に問題を起こす事であり、白血病と再生不良貧血は、骨髄の異常を体に与えてしまいます。

5つ目は膠原病や慢性感染症によるものなどがあります。

膠原病とは体の臓器の炎症により、臓器の機能に問題が症実病気で、慢性感染症は単純に慢性的な感染症の事です。
これで貧血の事について知る事ができました。

貧血の原因を知れば、対策を練る事もできる筈です。

先天的な病気ならば話しは別ですが、食生活の改善により良い方向へ向っていく病気なんていくらでもありますからね。

貧血の症状が現れたのであれば、病院を受診して最適な処置を行なって下さい。

 

鉄欠乏性貧血について

鉄欠乏性貧血は最も多い貧血であり、得に女性のお方は注意が必要です。

なぜならば、女性は男性に比べて鉄を多く必要としてしまうからです。

例えば、月経出血では平均して30mgの鉄が失われると言います。

それに加えて出産や授乳の際にも、多くの鉄を失ってしまうようで、男性以上に注意が必要との事です。

また、貧血症状の危険性があるのは青少年でも同じです。

青少年の時期と言えば、成長期で体の至るところに変化が現れますが、その際にも鉄はかなり使われており、貧血症状を引き起こしてしまう事もあるそうです。

鉄というのは赤血球意外の血液でも使われて、沢山必要とする栄養素ですから、女性及び青少年のお方は得に注意が必要であるという事ですね。
けれど、鉄不足というのは健康診断で判断しやすいらしいです。

なので、定期的な健康診断を怠る事さえしなければ、とりあえずは鉄の不足状況を知る事が可能であるでしょう。

鉄不足では経口剤が使われるかと思いますが、すぐに服用を止めるのではなく、体内の鉄不足解消が見られるまで続けていく必要があるかと思いますよ。
また、普段食べる食材にも気を使えば、鉄不足を補う事ができてしまいます。

鉄を多く含む食材意外でも、得に吸収しやすい食材を選ぶと尚良いかと思います。

例えば動物性の鉄である、卵黄、プルン、ほうれんそは吸収しやすい鉄らしく、鉄不足の人には重宝して欲しいところです。

挙げた3つの食材はほうれんそうを覗いて、際立って苦手な人は少ないかと思います。

中にはプルンが苦手だと称する人もいるかもしれませんが、卵黄が嫌いな人は殆どいないでしょうからね。

決して、鉄不足解消のために、手間を要する訳ではありません。

なので、日常生活の中で少しだけ鉄を意識しながら、調理メニューを選んで欲しいかと思います。
その他、鉄不足の症状が現れたのであれば、痔、子宮筋腫、結腸癌、子宮癌等からの出血などの、原因の可能性も考えた方が良いらしいです。

たかだか栄養不足という理由で医師の検査を拒否する事はせずに、万が一に備えて行動が大切であると言えますでしょう。